この間の引っ越しでは、業者さんに依頼

この間の引っ越しでは、業者さんに依頼したのは大きいものだけで運べるものはできるだけ自分たちでやりました。
そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に転入届を出しに行きました。どうしてもばたばたするものですが、力を貸してくださる方もたくさんいて、ずいぶん助けてもらいました。
ご近所への挨拶も済ませ、まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。
荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで緊張するのは割れ物の対応です。
万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方が衝撃を和らげてくれます。
また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。
独り者のときの引っ越しは、大型の家具や電化製品もなく、業者に頼むことなくできていました。
しかし、結婚してから引っ越しを行うと、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電がたくさんになり、かなりの大きな作業となるため、引っ越し業者に任せました。引っ越し業者に依頼すると、家電もちゃんと設置してくれるので、ラクにできました。
「引越しソバ」という慣習とは転居の際に近くの家の人にご挨拶としておすそ分けするものです。
一度、わたしももらったことがありました。
細く長いソバのようなご縁を今後ともどうぞよろしくお願いします。
という感じの意味合いがあるようです。
引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはりお互いが気持ちよく生活するためにも必要なものです。
ここで悩むのが贈答品でしょう。
その中身はともかくとして、のしの選び方で戸惑う方も多いようです。あまり堅苦しいのもお互い気詰まりになりますし、外のしを使うのが一般的ですね。
表書きはご御挨拶で、下には自分の苗字を記載すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。
引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。
それらのうち、特に重要視されるものはやはり、自動車関連でしょう。免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としてよく使われているということもあって、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。しかし、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。
これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、車庫証明も免許証と同時に手続きをしておきますと二度手間にならずに済みます。
先日、引越しを行いました。
引越し専門の会社に頼みましたが、それでも想像どおり大変でした。大変だったことを挙げると、様々な手続きです。市町村を移動すれば、印鑑証明に求められる印鑑登録もする必要がありました。
まず使うことはないのですが、いざという時のために登録しておきました。
距離が近い引っ越しの場合でしたら引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。
やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを何度も時間をかけて新居に運び入れます。
少しずつでも時間をかけますので自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。
大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、効率よく運び込んでしまいます。
なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をかなりコストカットできるでしょう。
業者を利用しないで、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は一番のコツは、荷物を減らすことだと言われています。
というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、詰め込みやすくするための工夫をします。大きすぎないダンボールを使って要領よく梱包していく、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。
こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。上京して初めて一人で生活することになりました。
この時、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。
全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、レンタルトラックを使ったりするより全然安い値段で引っ越せました。
寝具や生活雑貨は買って済まそうとしていました。ですからそんな引っ越しもできたのだと考えています。
住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、契約締結をするためにはちゃんとした実印と印鑑証明書がいる、ということについてその時に初めて教わりました。
印鑑登録申請については、親が済ませていてくれていたのですが、違う市から転入することになる今回の場合は、引っ越し先の市役所とか出張所にて改めて登録しないといけません。
印鑑証明が必要、とわかってからすぐさま登録に出かけるはめになりとても気忙しい思いをしたものです。
引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。
正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、直接見てもらうことが難しければ荷物が大体どのくらいか、電話で説明できれば一番適当なプランがわかります。
他の業者の価格を伝えると他より安い値段で引き受けてくれることもありますから忙しくてもひと手間かけて、5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。願わくば、引っ越す当日の天気は晴天を望みます。
もしも、雨が降ったら、大変なことだと思うのです。
そのままだと、あれもこれも濡れてしまします。
テーブルや椅子、冷蔵庫もです。晴天なら、そのまま運べるだろうに、雨天の場合には、シートをかけないといけません。
それだと、かなりの手間になるでしょうし、家具や家電がベタベタになるのも嫌です。
引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンを処分しなくてはならなくなりました。
一般的な賃貸ですと、エアコンが装備されてます。わたしが住んでいるところは、年代物の寮だったため、エアコンは自分で付けることになっていました。
寮じゃなく、賃貸にした方がよかったと、今頃後悔しています。引っ越しに共通して使われるものがありますね。
いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。簡単に入手できるものばかりですが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時にこうした梱包材を無料で必要な分だけもらえることが多いのです。契約成立でもらえるものが、ダブって余ってしまったという事態にならないよう、見積もり依頼の際にはしっかり調べておきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です