引っ越しを一度でも経験すれば

引っ越しを一度でも経験すれば絶対必要になることとして、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。引っ越し経験は私にもありますが、簡単な手続きをすれば解約はできます。ただし、万が一、解約を忘れると、転居後のガス代も引き続き請求されることになるのでもれがないようにしましょう。
その際、転居後も月末まで支払いが自分になってしまいますので、要注意です。
住み替えをする際に、覚えておかなければならない事が、さまざまな手続きです。市町村の役所へ提出する手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も必ず行います。とりわけガスは立ち会わなくてはいけないので、早めに連絡してください。その他に、通帳や自動車運転免許証などの住所変更届もできる限り早く終わらせておいた方がいいです。引越しで居住地が変われば、転出・転入の手続きをしますが、結果として変更を迫られることもあります。
固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。
NTTに住所変更の申し込みをして電話番号変更の手順を知っておくことが大事です。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号を変える必要はありません。引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのがエアコン関連です。取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、費用を見てみると、一台を取り付けるのに約一万円ほどかかるようです。
エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているならそんなに高額になることはなさそうです。
しかし、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうか費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。引越しをしようと思うときのコツとは、新居の間取りを頭に入れておいて、荷造りしていくというものです。
段ボールに荷物を詰める時に、これをどの部屋に収納していくのかを考えて、段ボールの表面にでも書いておくと新居へ着いてから余計な動きを省けます。そして、手続きをする必要のあるものは計画的にやっていくと良いです。引っ越して住所が変更となったら、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。
資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、加入手続きの方は、新しい住所の方で行います。
届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて届け出に行きましょう。
同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。
マンションやアパートですと、今では隣人はどんな人なのか、ほとんど知ることなく生活するのが常識になっているようです。
だからといっても、日頃から挨拶する、災害など、大変なことがあれば助け合えるようなつながりがあった方が良いでしょう。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。
準備のためには、前日までに入っているものを出し、コンセントを抜き、一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば準備完了です。
ですから、庫内のものは使い切れるように計画を立て、常温で保管できるものを買うように配慮し、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。
誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも新しくなったのですが、中古の住宅やアパートであれば、今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。
注意しなければならないのは、ガスの種類です。転居前のガスコンロが使えないこともあるのでガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新規購入を考えている場合は使いたいコンロが使用可能か、注意してください。
新居に引っ越し荷物を運んでくる時に扱いに少々気を付けておきたいのはやはり、洗濯機です。
洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、ほどんどの場合は、水道のある場所に置かれるはずです。具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策を不備の無いようにしておきましょう。
「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?出来るだけ出費を抑えて引っ越しをしたい方は、まずは色々と情報を集めて目安を付けるための相場を理解することが必要になります。こうして、業者の見積もりを比較検討した上で、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのが良い方法だと思います。引越の際の大掃除は骨の折れる仕事です。
全部を家の外に出してから、家中を綺麗にするのはもちろんですが、少しずつでも、前もって始めていくのが最終的に楽になります。
コツは荷造りより先に、家の掃除を始めることだと思います。
すると、最後には軽くさっと掃除すれば全てが片付きます。
実際に引っ越しするとなると、業者選びには悩んでしまいます。
引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。
個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイでした。
色々と比較してみたのですが、サカイさんが最も料金が安かったです。
引っ越しの当日に対応してくれた配送員の人がとても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。
今でも引っ越しする時はサカイさんに頼んでいます。いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。
これからも、サカイさんのお世話になる予定です。
愚かなことをしてしまいました。一人暮らしを開始するのに、誰も来てもらわずに一人の力だけで引っ越しをしたのです。きっと大丈夫だと予想していたのです。ですが、とても大事にしていた家具に傷つけてしまったのです。
階段を上る時、擦って傷をつけてしまいました。もの凄く後悔しています。
家移りも本格的になると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業は一日かかってしまうのが普通ですから、当日でなくてもできることは片付けておくことをおすすめします。引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことはどんなことにも優先して終わらせておき、引っ越し当日に使うと考えられるものは他のものに紛れないように、使いやすくしておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です